ドイツのAccessというシンセサイザーメーカーから出ているVirusというシンセがあるのですがご存知でしょうか?

このシンセは特にEDMやトランスのアーティストが愛用している事で有名でとにかく出音がカッコいいシンセです。

↑これが現行Virusの中で一番人気があるVirus Ti2 Polarです。見た目もかなりシビレますw

Virusはプリセットが凄い

Virusはプリセットを適当に選択して「ブ~」とかアルペジエイターを選択して「テケテケ」とかやっているだけでプロみたいな音が出ますw

機能面でもパソコンでDAWソフトと簡単に連携できてパソコンの画面上でパラメーターがいじれたり、オーディオインターフェイスが付いていたり、様々な事ができるモンスターシンセなのですが正直私はそこまで使いこなせていませんw(Virsuの機能面について詳しくしりたい方はシンセサイザー研究所というWEBサイトにとてもわかりやすい解説が載っているのでそちらをご覧ください)

触った事がある方なら分かると思うのですがシンセって難しいんですよね~奥が深すぎて、一から自分の理想の音を作れるようになれるかと言ったらかなり大変だとしか言えませんw

プリセット職人と呼ばれているシンセのプリセットを作ってお金を貰っている人も存在している位に難しいんです。

ただ先ほども言ったとおりこのVirusというシンセはプリセットがものすごくカッコよく出来ているので、目的に近い音を探してちょろっとイジってやるだけでOKなんです。

Virusはズルい!

私は最初に「Virus Indigo」という機種でした(今は販売していません)

access-music-virus-indigo-redback-12651

これ↑を友人の家で始めて触らせて貰った時に「なんだこれ?ずるい!ずるすぎる!なんで何もしてないのにこんなカッコいい音がでるんだww」と感じました。自分が理想とする音が最初から入っていたんですw

その友達もそこまで使いこなせていなかったのですが「いいんだよVirusは高級サンプリングCD見たいなものだからw」と言っていましたww

他のハードシンセも使いこなせば同じ音は出ると思いますが、そこにたどり着くまでにシンセの仕組みを相当勉強しなければいけませんががVirusなら一瞬で最新サウンドが出せますw

プリセット職人が最新の音を分かっている

このシンセはプリセットを作っている人のセンスが半端じゃないです。最先端のクラブサウンドを常に研究しているのだと思います。

有名アーティストの曲を聞いていても結構Virusのプリセット音がそのまま使われていたりしますw

プリセットだろうがなんだろうが出来た曲がカッコよければそれでOKなんです。リスナーはシンセのプリセットそのままの音だろうが弄っていようがわからないんですからw

ただその分お値段が・・・

「でも、お高いんでしょ~?」

「いえ、いえ、そんなことはございません!」

と、言いたいところですがはっきり言って高いですw

現在販売されているVirusは

の4機種になります。(値段は上のリンクを踏むと見れます)が高いものだと中古の軽自動車が買えるくらいの値段がしますw

上から3つ目までは機能的には殆ど変わりません、鍵盤数が多いか少ないか、付いていないかですが一番下のsnowに関しては同時発音数が少ないので沢山の音を鳴らそうとすると固まりますw私はあまりsnowはお勧めしませんが手軽にVirusサウンドを手に入れたいという方にはありだと思います。

たしかに値は張りますがその分の価値はあるので今手持ちのシンセで理想の音が出ないとお悩みの方は是非試してみてください。

サウンドハウス