PCDJやDTMをする際に必ず必要でとても重要なものとしてオーディオインターフェイスという物があります。

まずオーディオインターフェイスというのは何ぞや?という方に向けて簡単に言ってしまうと音をパソコンから出したり入れたりする為の機械です。それだけですw

「ん?でもそれなら最初からPCに付いてるし買う必要ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが現場で通用する音を出すためには必ず必要な物になります。

通常PCに最初から付いている音声の入出力は「何でも良いから音が出て、何でも良いから録音ができる」という必要最低限のレベルのものです(音が悪い)

そもそもPCというのは作る側の視点からみると使用目的も人それぞれですし音の面だけに拘るという事が出来ません。

オーディオインターフェースというのは言ってしまえばただPCから音を出したり入れたりするだけ(D/A・A/D変換と言います)の機械ですが、言い方を変えれば音を入出力のする為だけに作られた専用機です、なのでPCに備え付けのものよりも格段に良い音質で入出力する事が可能になるという事です。

ですのでクラブでDJがしたいライブがしたい、またはDTMがしたい、という方には絶対に必要になってくる物です。

オーディオインターフェイスの選び方

オーディオインターフェイスを選ぶ時の基準ですがスペックなど細かい話はココではしません、あくまでも初心者向けに書いていますし余計に迷いが出ると思うからです(それでもオタク傾向が強くて知りたい!という方は詳しく書いているサイトがありますのでそちらを見て「う~ん」と思う存分悩んでくださいw)

私がオーディオインターフェイス選びで重要視して欲しいのは価格帯です。

これは私が色々な機材を購入してきて機材全般に対して実感したことですが、中途半端な価格帯の物はあらゆる面で中途半端という事です。

これはオーディオインターフェイスにも当てはまりますので安い物を買うか、高いものを買うか、そのどちらかにした方がいいです。

安い物の場合は後々買い換える時がきても金額的に諦めが付きますし、高いものの場合は一生物とまでは言いませんが長い期間使い続けることができます。

また高い物はたとえば買い替えたいと思った時にもヤフオクや楽器屋さんなどで高値で売れますが、中途半端な価格帯の物は売れないか、かなり値が下がる傾向にあります。

さらに言ってしまえば中間の価格帯の物が一番多く発売されているのでココを省く事によってオーディオインターフェイスを選ぶ際に悩みが減ります。

オーディオインターフェイスの高い、安いってどれくらい?

安いと言える価格帯は1~2万円台で7万円以上の物が高価格帯といえます。この間にある価格帯の物は正直お勧めしません。

あとは自分の財布と相談して安いものを買うか高いものを買うか決めるのがいいでしょう。

お勧めのオーディオインターフェイス

今回は初心者の方が悩まないように低価格帯と高価格帯の機種のお勧めオーディオインターフェイスをご紹介します。

コスパ最強 ZOOM ( ズーム ) / UAC-2

ZOOMというメーカーが出しているUAC-2という機種は低価格帯では現在最強の機種になります。

この機種の存在がなかったら私は低価格のオーディオインターフェイスはお勧めしていなかったかもしれません。それ位コスパ最強機種です。

機能面としては2IN、2OUTでMIDI出力もあり通常の使用には全く問題ありませんし、音質も素晴らしく、何よりもレイテンシーが小さく高価格帯の機種にも負けません。

レイテンシーが遅い機種を使うと、例えばMIDIキーボードを繋いでPC上のソフトシンセを弾いた場合に鍵盤を押してから遅れて音が出てきたりして曲を作っていてとても気持ちが悪かったりしますが、この機種に限ってはそういったことがほぼありません。

2017年の現段階で低価格帯では間違いなく最強のオーディオインターフェイスです。

詳細・購入はこちら

最強の音質 RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro

このRMEというブランドのオーディオインターフェイスはプロでも使っている方が非常に多いですしサウンドエンジニアのスタジオでもよく見かけます。色々なオーディオインターフェイスを使った方が最後にたどり着くのはRMEと言っても過言ではないでしょう。

ちなみにハイエンドオーディオが好きなマニアもPCから音を出すためだけにRME製品を使っていたりします、音質面ではお墨付きでこのメーカーのものを使ってしまうとその音質の良さから他社に切り替える人は見たことがありません。

詳細・購入はこちら

宇宙最強の音質 RME ( アールエムイー ) / Fireface UCX

どんだけ最強、最強言うんだよ!と言われそうですが10万円以上出してもいいから長い間使い続けられるオーディオインターフェイスが欲しい!という方にはこちらの機種をお勧めします。

入出力もBabyface Proに比べて多いので後々機材を増やしていきたいという方にもお勧めできます。

これを買えば最低でも今後5年は機種変更する必要がありません。さらには万が一お金がなくなって機材を売りたい!なんて時にも殆ど値下がりせずに売ることができますw

この機種を自宅スタジオにおいておくだけで見る人が見れば「こいつ、出来るな!」と思わせることが出来ますw

財布の中身が許すのなら絶対にコレを勝っておいて間違いない!というオーディオインターフェイスです。

詳細・購入はこちら

 

オーディオインターフェイスは音を入出するだけの物としては値が張るように見えるかもしれません。ですが音楽作っている以上は出音が命です。そしてその出音をPCから高音質で鳴らすにはオーディオインターフェイスとても重要なものになりますので出来るだけ良いものを選んで欲しいと思います。

それではまた。


サウンドハウス