いんちきDJをブッ飛ばせ!

最近クラブに遊びにいくとなんだかよくわからない人がDJをしている事が多くなったような気がします。元モデル、売れない芸能人、自称有名DJ等々・・・。誰が何をしようと勝手ですがお金を払って遊びに行っていんちきDJがプレイをしていると本当に萎えてしまいます。この状況を少しでも改善したいですしこれからDJを始めたいという若い方にもカッコばかりのインチキDJではなく本物のDJを目指して貰いたい、そんな気持ちで私のDJ感について語っていきたいと思います。

カテゴリ: ダンスミュージックの作り方

音が良いのはアナログシンセかソフトシンセか

「ソフトシンセなんて駄目だよ、やっぱりシンセはアナログに限るね」中年で音楽をやっているオヤジがよく言っている台詞ですが実際の所はどうなのでしょうか?

続きを読む

MACvsWINDOWS

「これからPCを使ってダンスミュージックを作りたいと思ってるんだけどウィンドウズとマックどっちがいいかな?」と聞かれる事が良くあります。

正直どちらを使っても音質が変わる事はありません(変わると言う人もいますが・・)だから好きな方を買えばいいんじゃないかと答えるのですがそれでは話が終わってしまうのでどこが違うのか私なりの意見を書いてみます。

続きを読む

DTMをするにあたって必要な物は色々ありますが何よりもお金をかけるべきものはモニター(スピーカー)環境です。

どんなに高価なDAW、シンセ、オーディオインターフェース、アウトボード等を買ってもスピーカーが悪ければ意味がありません。
ダンスミュージックを作るのに一番大事なのはモニタースピーカーです、これだけは断言できます。
正しい音が聞こえていないのにカッコいい音は作れないからです。

続きを読む

太いキックを作る方法

かっこいいキックって何でしょうね?好きなジャンルによって違うかとは思いますがクラブミュージックをやるならこの太いっていうのは共通だと思います

では太いキックを作るにはどうしたらいいのでしょうか?いくつかの方法が考えれられます

それは

  • サンプルを重ねる
  • プラグインを使う
  • 一からキックを作る

です。それでは1つずつ順番に解説していきます


続きを読む

現場を知らない人はフェイクなトラックしか作れない

私の知り合いでダンスミュージックを作っていたり、DJを目指しているのにクラブには全く遊びに行かないという人がいます。

別にクラブに行く行かないというのは個人の自由なので構いませんが、やはりそういう人の作った曲やDJはクラブでは使い物にならない場合がほとんどです。

やはり、現場でしかわからない事というのは沢山あります。

続きを読む

このページのトップヘ